老眼・眼精疲労対策サプリめなりの実際の体験談&口コミ

アイケアサプリ・めなりに配合のルテインと相性のいい成分

アイケア、あるいは眼病予防のサプリに必ずと言っていいほど
配合されている成分がルテインですよね。
 
ルテインは目の水晶体や黄斑部に多く存在する成分で、
人間の体内では作り出せないので、摂取するほかありません。
緑黄色野菜などに多く含まれています。
 
多くのルテインサプリはマリーゴールドという黄色い花から抽出した
ルテインを採用しています。
 
強力な抗酸化力を持ち、黄斑変性症や白内障などの加齢による
眼病予防に効果があるといわれています。
 
また、色の濃さ薄さを見分ける能力であるコントラスト感度を
改善する効果もあります。
 

そんなルテインですが、
一緒に摂取すると相性がいい成分が2つあります。
 
そのうちの一つがリコピンという成分。
 
トマト、特にトマトの皮の部分に多く含まれている
赤色色素成分です。
トマトの赤色はリコピンの赤、というわけです。
トマトの赤色成分はリコピンです。 
ルテインとリコピンを一緒に摂ると、相互に働き合って効果を発揮。
単体で摂るよりも高い効果が得られるのだとか。
 
リコピン自体はどんな成分かというと、美白美肌効果がある他、
抗ガン作用もあるのではと期待されている成分です。
 

そんなリコピンは、サプリで摂取するのもいいのですが、
わざわざそんなことをしなくても
充分な量を摂取することができます。

 

 
トマトジュース1缶(150ml)で
1日の必要摂取量をクリアできるのです。
 
だから私は、目のサプリを毎朝のトマトジュースと一緒に
飲むようにしているのです。
 
あなたもよければやってみて下さい。

 

〜トップページ〜

 

ルテインと相性のいいもう一つの成分とは?

 

では、ルテインと相性のいいもう一つの成分とは?
 
というか、なくてはならない成分と言った方がいいでしょうか。
それはゼアキサンチンです。
 
白内障や黄斑変性症を予防する効果があります。
 
ルテインと共に目の網膜の黄斑部という所に存在する成分で、
強い抗酸化力を持っています。
 
そもそも「黄斑部」という名称。ルテインとゼアキサンチンが
共存することで黄色のルテインの方が黄色のシミのように
見えることで名付けられた名称です。
 
それぐらい両者は密接な関係にある成分なのです。
体内においてルテインはゼアキサンチンと一緒になって

効果を発揮するので、一緒に摂取することが大切なのです。